創業者 初代代表取締役あいさつMESSAGE

代表取締役 平山 幸雄

やりたいことに向かっていけるひとが活躍できる場

当社には、活発に自ら動くことができる人が集まっています。
指示を待つのではなく、自ら行動できることは、社会人として
とても重要な姿勢だと思います。

また、欲も重要ですね。例えば「出世したい」など。
車も欲しい、家も欲しい、お金も欲しい。欲張りな人、抑え込むより気持ちをしっかり出せる人。そういう人に来て頂きたいですね。
また、責任感があり、出来るならこの会社に入った以上、社長になって会社を20倍、30倍に伸ばしていこうという人が欲しいですね。「社長になりたいんだ!」という人は、女性でも男性でも大歓迎です。

「チームで良いものをつくりあげていく」そこに遠慮はいらない

同じ考えを持って仕事ができるように、考え方や価値観の共有をし、方向性をきちんと理解した上で、それに向かってみんなで頑張ろうと言っています。

私は縁の下で、みんなが仕事をより良くできるような環境作りをして支えていく。社長だから一番上に君臨しているとかそういう事ではなく、一緒にひと塊になってやっていきたい。大きな視点が重要です。

指示命令は必ずトップダウンで、きちんと一方通行となっていますが、コミュニケーションというのはどこの段階の人がどのように関わってもいいわけですよね。
当社はとにかく意思疎通を大事にしています。社歴に関わらず活発に意見を交わしていて、入社したての人でも、意見を積極的に言える雰囲気もきちんとあります。

仕事は基本的にグループで行う場合が多いですね。
プロジェクトのような小さなグループをたくさん作って、コミュニケーションの輪を作っているような感じですかね。
それぞれが仕事をより良く進めるために、活発に議論をグループ内で行っています。

誰かが偉いとか、役職がついた人が偉いとかではなく、そもそも役職というのは責任を全うする立場なだけだから、偉いか、上か下かという考えはしないです。
それよりも、皆で団結するという感じです。
言い過ぎかもしれませんが、当社はチームワークの塊だと私は思っています。

何年たっても学びは必要

教育には力を入れています。入社してから様々な研修をしながら育てていき、少しでも素質があれば、そこを徹底して伸ばしていこうという方針です。
新入社員は、1年間勉強会というのを行っています。グループを作って、ひとつのテーマについて議論を交わし、最終的にまとめて発表します。
そしてみんなでその発表に対して意見を言い合うという場を年に1回設けています。

これを通して、コミュニケーション能力が養われていくと思います。
グループ単位でまとまっていくことを1年かけてしっかりと学んでいくことで、それが2年目以降の実務でも確実に役立っていると感じています。他にも定期的に階層別研修も行っています。
年次別や、主任クラスや課長クラス、リーダーという風に別れ、プロの方に研修をして頂いています。

実力のある人を伸ばしていこうというのは、多くの会社がそうだと思います。しかし、それだけでなく、実力で劣る人でもある程度引っ張り上げるということも考えています。それがチーム力ですから。
ひと通り業務に精通するようになるには、10年かかります。5年でとりあえず仕事ができる。10年経って、なんとかお客様とやっていける。10年経たないと、ひとりで直接お客様とやりとりするのは難しいと思います。
10年で自分のお客様を5社くらい持てたらいいですね。
当社はだからこそ長期視点で、ひとり立ちをしていくための様々な教育や研修を階層別に用意しています。

ひとつの絆が会社の成長に繋がる

当社はリピーターのお客様に支えられてここまで来られました。やはり1つずつ毎回変えたりするのが大変な仕事ですから。10年、20年と仕事を発注していただけるお客様に支えられています。

そうなる為には、お客様と一体になるというか、お客様の親戚というような感じになるととても可愛がってもらえると思います。様々な経験を積むうちに人との絆を深められる人材に育っていくのではないでしょうか。

当社には5つの部署がありますが、そのうち3つの部署が設計関連の業務を行っています。それぞれお客様が違うので、担当者しか接触しない部署もあれば、個人的にたくさんのお客様と接触する部署もあります。
社外で勤務する社員は、お客様と直接仕事をしているから、成長が早いですよね。
お客様の社員のように、可愛がってくれているお客様もたくさんいます。

信頼される、強い集団になる為に

この先のビジョンとして、
私が朝礼でしょっちゅう言っていることは、やはり「大企業を目指そう」ということです。この業界は300名から大企業扱いになるので、100名だと、大企業らしいけれどまだだと。
100人規模の設計事務所というと、現時点では5~6社くらいあるとは思いますが当社もそのうちの1社として、ゼネコンさんから「あそこの会社に頼めば大丈夫だ」というイメージを持っていただいているのではないかと思います。

ただ、それだけで満足するのではなく、「300名の強い集団になりたい」というのが当社の目標です。

そのため、採用活動は今後も活発に行っていこうと思っています。
新入社員は毎年コンスタントに20名程度採用したいと思っています。
ですが、人数ばかり増えても意味がない。烏合の衆ではなくきちんと質が高まらないといけません。そのためのチャレンジを続けています。そこに一切の妥協はありません。